モモプロフィール


名前 如月桃(モモ)
メカクシ団団員 No.5
楽曲 如月アテンション、オツキミリサイタル
能力 目を奪う
誕生日 2月14日
年齢 16歳
身長 162cm
体重 43kg(柏タレント名鑑より抜粋)
血液型 O型
好きなゲーム せが○いじり
家族構成 父(故人)、母、兄
イメージカラー オレンジ
CV 柏山奈々美


呼称
一人称 私
キド キドさん/団長さん
セト セトさん
カノ カノさん
マリー マリーちゃん
エネ エネちゃん
シンタロー お兄ちゃん/バカ兄
ヒビヤ ヒビヤくん
コノハ コノハさん
ヒヨリ ヒヨリちゃん
アヤノ 初代団長さん(面識はない)
ケンジロウ 先生


概要
じん(自然の敵P)氏のIAオリジナル曲、如月アテンションの主人公として登場する新人アイドルの少女。
キャラクターデザインはわんにゃんぷー氏。
胸元に大きく「阿吽」と書かれたピンク色のパーカーにショートパンツというスタイル。
右の横髪が長いアシンメトリーで、明るい茶色と首の後ろの髪だけが黒のツートーン。長い部分はシュシュでくくってサイドテールにしている。

他人がどんな状況であろうと、その場の全員の視線を自分に集めることができる「目を奪う」能力を持つ。
ただし、本人は物語当初は能力を自覚しておらず、制御すらも出来ていなかった。
その能力故に街中でスカウトを受け、新人アイドルながら現在絶賛人気上昇中。
スカウトを受け入れてアイドルになったのは家庭の事情が関係していたが、彼女自身は人前に出ることがあまり好きではない上、もはや私生活に支障をきたすまでになっている自分の体質に嫌気が差しており、アイドルをやめたいと考えていた。
その果てに自己嫌悪に陥り、自分の体質に悩んで泣いていたところをメカクシ団団長・キドに話しかけられる。
その直後、人違いをしたキドにメカクシ団へ勧誘され、その後5番目の団員となった。
そこでマリーと出会い、まだ内気でドジな彼女に振り回されるが、それまで友達のいなかったモモはしだいに彼女との仲を深めていく。
そしてマリーを含めたメカクシ団との交流によって本来の明るい性格を取り戻し、一旦休養を摂ってアイドルの道を奔走することを決めた。

オツキミリサイタルでは、赤文字で凸凹と書かれたピンクと白のチュニックにレギンスという、どことなく彼女と似た服装で赤いシュシュをつけている(ただし前奏や回想シーンではいつもの阿吽パーカーと水色のシュシュ)。
ヒヨリが「カゲロウデイズ」に攫われたショックで以前の自分と同じように弱気になっている新団員のヒビヤを励まそうと、彼の手を引き街へと連れ出して・・・・・。


人物
如月シンタローとは実の兄妹であり、普段は憎まれ口が多いが内心では彼のことを大切に思っている。
シンタローのパソコンに住むエネとも顔見知りだった様子。
現在高校1年生(遅生まれの彼女は、本来高校1年生では15歳の筈なのだが…)。兄とは違って学校の勉強は極端に苦手で、字も汚い。暗号レベル。
小説ルート(アニメ含む)では中学時代は美術部に所属し、能力の後押しもあって受賞したり小説の表紙絵になったりしたほど絵が上手いが、漫画ルートでは破滅的な画力を披露している。

以前は能力のせいで人から疎まれることも多く仲の良い友達もいなかったが、メカクシ団と出会い本来の明るく前向きな性格を取り戻す。
世話焼きで、困っている人を放っておけない性分だが、空回りしてしまうこともしばしば。
初対面や年上の人物には基本的に敬語で話す。
人前に出ることはあまり得意ではなく、アイドルの仕事の際にも自分の出番の前にはいつも吐くらしい。不思議なところで似ている兄妹である。

ファッションや味覚など独特のセンスを持っており、他人と意見が合わないことも多々ある。
超がつくほどの味覚音痴で、おしることコーラ、カツカレーにバニラビーンズと白玉あんみつをトッピングなど、ありえない組み合わせの食べ物を好む。
ただしキドの手料理など普通の食べ物も好んで食べているため、偏食というより何でも食べるタイプなのだろう。
また、現役女子高生とは思えないほどの大食いでもあり、メカクシ団ではコノハと並ぶほど。

夜中にあたりめを食べながらゲームのプレイ実況動画を見ることが趣味。
上記の阿吽パーカー以外にもいくつか私服が公開されているが、その全てに謎の単語や短文が入っている。

公式プロフィールでは体重43kgとスタイルが良いように思われるが、キドがかなり苦労して運んでいたり、シンタローが上記のプロフィールを見て鼻で笑っていたりと、少しスタイルを疑う描写がある。どうやらサバを読んでいるらしい。・・・事務所の方針だろうか。
ちなみに、本作の女性キャラクターの中で一番胸が大きい。


髪型について
よく茶髪だと誤解されやすいのだが、下記の通りモモの髪は明るい茶色と黒色のツートーンである。右の横髪が長いアシンメトリーで、シュシュでくくったサイドテールはかなり長い。
※上記の特徴は捉えつつもわんにゃんぷー氏としづ氏では髪や瞳の色など描き方がそれぞれ異なるのだが、アニメではしづ氏寄りのデザインになっている。