保育士資格を持っているが保育士として働いていない「潜在保育士」と、人手不足に悩んでいる施設をマッチング(仲介)する「保育士人材バンク」事業に、秋田市が乗り出しました。待機児童の解消が目的で、県内では初の取り組みです。

 

 秋田市では4月1日時点では待機児童はいないものの、年度途中の入所希望者が施設に入れずに累積する状況が続いています。3月1日時点の待機児童数は、2016年が112人、15年が132人、14年が163人。年度途中の入所が難しいのは、施設の保育士が足りず、子どもの受け入れ枠を増やせないことが理由です。

秋田市は潜在保育士に「保育士人材バンク」に登録してもらい、施設側の求人情報をメールなどで発信する計画を立てています。潜在保育士が保育の現状を学べるセミナーや、施設を集めた就職相談会の開催する予定です。

 

秋田市子ども育成課は今年1~3月、秋田市の聖園学園短期大学保育科を過去に卒業した885人を対象にアンケートを実施。バンクに登録してもいいと回答した500人のうち、秋田市在住で保育士の資格を持つ人は268人で、内訳は、保育士として働いている人は161人、別の仕事に就いている人は63人、無職は44人でした。

 子ども育成課長の赤上智氏は「バンクには県内外から登録できる。700人の登録を目指し、少しでも保育士を増やしたい」と話しています。市は事業費として今年度一般会計補正予算案に385万円を計上し、9日開会する市議会定例会に提出する予定で、可決されれば、秋頃にもセミナーや就職相談会を実施する計画です。